「e-sportsは儲からない」

League of LegendやDOTA2で盛り上がりを見せるe-sports界隈ですが、その収益構造が気になったので、某Rから始まるゲーム会社の人に聞いてみました。

開口一番、「e-sportsは儲からないので、誰か勧める人がいたら信用するな。自分たちで運営してきたからよく分かっている。e-sportsはお金を垂れ流すだけだ。」とのことで、儲からないそうです。一方で、「ライセンスビジネスで収入面を補っている」とのこと。

ライセンスビジネスに関しては、海外ではActivision BlizzardがMLGを$46Mで買収したり、日本ではフジテレビがe-sports番組「いいすぽ!」を4月より開始するといった動きがこれに該当します。

パブリッシャーはゲームの放送権を放映会社に売ることでライセンスフィーを得て、会社は広告費をスポンサーから得ることで収入を得るという構造です。

この構造が持続するには、以下の要件を満たす必要があるように思います。

  1. 放映会社がライセンスフィーを購入する費用が、ライセンスフィーを購入したことによる視聴者増がもたらす広告収益を下回る
  2. 広告主が、ゲームの放送への広告出稿によって”効果がある”と認識する

(ここに、ゲームパブリッシャーの収支を入れていないのは、ライセンス料は既存サービスのアドオンとして販売するという前提に立っているため)

2に関しては、ブランディングだーなんだーということで、広告業界お得意の詐欺っぽい手口で2-3年はだましだましいけると思います。したがって、2-3年は放送会社のP/Lもある程度見込みがつけられる。

この2-3年という点を考えると、2020年東京オリンピックが見事に4年後なので、2-3年の怪しさを、4年目のオリンピックでカバーするという手口で営業しているのではないかと思います。

 

つまり、日本における放送会社がe-sportsの放送に関して何らかの判断をするとすれば、4年後のオリンピック期間。ここで業界として持続性があることを提示できなければ、何年かに1回くらいの流行りで終わってしまう。海外でも、同様にマイルストーンとなるような大イベントがあるのだと思う。

飛んだ議論になるが、業界として持続性を担保するには、よくニュースで見かけるようになった次のような問題を、ゲーム業界が片づけていく必要があるように思う。というか、この基本的な部分を解決していかないと、もっと持続性に結びつくような本質的な部分が見えてこない気がする。

  • プレイヤーのモラル育成
  • プレイヤーのキャリア観育成
  • e-sportを唄うゲームタイトル運営の継続性

3つめのゲームタイトルの事柄に関しては、ゲーム会社が主体的に関与していくだろうけれど、プレイヤーのことはプロチーム運営者に任せてしまっている現状を見ると、ゲーム業界としては他人事扱いのような気がする。

e-sportsの先行きがなんとなく不安に感じるのは、収益構造の健全性はあるものの、このゲーム業界として一丸となって取り組んでいなさそうなところが大きいのかもしれないと思った。

Super Evil Megacorpのオフィスに行ったら、オフィスが移転してた

タブレットMOBAで有名な「Vain Glory」を運営するSuper Evil Megacorp。Super Evil Megacorpのオフィス近くに寄る機会があったので、試しにオフィス所在地に行ってみたところ、すでに別の会社のオフィスになっていました。

 

CrunchBaseによれば、Super Evil Megacorpはカリフォルニア、サンマテオにオフィスがあります。

住所:119 South B st.

 

この住所は、サンマテオ駅徒歩1分くらいの、閑静なベイサイドらしいオフィス街のビル2階になります。

で、実際に行ってみたら、違う会社が代わりに既に入居していた。

 

入居していたのは「Fall line Capital」

(リンク:http://fall-line-capital.com/)

農業系テクノロジーに出資したりする会社っぽいですね。

 

場所は、Crunch baseにSuper Evil Megacorpが記載していた住所と全く同じ(下スクショ参照)。現地で写真はとってこなかったですが、行ったらFall Line Capitalのオフィスしかなかった。

住所:119 South B st.

 

Super Evil Megacorpのオフィスに行く前に、コンタクトフォームから連絡も取って、担当の人から「上の人につないであげるよ!」と元気よく返事をもらってウキウキしていたのですが、以降返信がないので、Super Evil Megacorpになにかあったのでしょうか。。。

儲かっていて、別のオフィスに移ったか、それとも、もっと家賃の安いオフィスに移ったのか、それとも、登記がサンマテオなだけなのか。謎。

 

2015年後半からCyberZと提携し、日本でのモバイルe-sportを頑張って盛り上げようとしている中で、ちょっと不安になる材料でした。

 

追記:その後、Super evil mega corpは別の場所にオフィスを移転していることが分かりました。お引越し直後だったのかもしれません。

香港141への行き方

香港に行く機会があり、観光ついでで一部では有名な141の入っているビルに見学にいきました。

141とは?

One for Oneの略らしく、二人きりで何かするということでしょうか。そういうことらしいです。

どこにあるの?

141は香港各地に存在するようですが、今回はNathan Road沿いのビルに行ってみました。

場所は以下のGoogle mapを参考にしてください。

さすが合法的な施設だけあって、立派なホテル(The Mira)の真横に普通にありました。

入口

立派なホテルの真横に、割と倒壊しそうなビルがあるのですが、そのビルの6~8階に141があります。

ビルの中に入ると、鉄条網っぽいエリアの奥にエレベーターがあり、エレベーターを使って8階まで上がります。なお、上階に上がってからは撮影禁止です。

 

こういう記事で書かれていると、「怖そうな場所だなー」と思われるかもしれませんが、このエレベーター前まで来ると、日本人男性が割と集団でまごついています。また、若いチャレンジャーな若者男性もまごついています。なので、この場に着くと割と和みます。

8階~6階のアドベンチャー

8階に着くと、バイオハザード1のマンションみたいな通路に遭遇して、やや怖い感じがありますが、迷わず進みます。すると、ピンク色のネオンがピカピカしている通路がいくつか出てきます。その通路に面した1部屋1部屋に、女性がいるという仕組みです。

1部屋1部屋はドアが閉まっており、ピンポンと看板が設置されています。看板に「ちょっと待ってね」と書いてあるときは察してあげてください。空いている場合は何も書いてないので、ピンポンします。ピンポンすると、中にいる人が顔をのぞかせてくれます。ここで、「ウホッ」と思ったら料金を交渉してお部屋の中にいれてもらいます。「チェンジ!」なら、ぺこりと挨拶してドアを閉めます。

「チェンジ!」な時に、相手側が割とキレ気味にドアを閉めてくるパターンもあります。それはそうですよね、ピンポンされてるのにドア閉めるって失礼ですよね。なので、「チェンジ!」だと思っても、料金交渉で無理そうな値段で交渉して、「お金ないからごめんね」という流れでドアを閉めた方が、お互いに心象がよくてGoodだと思います。

あと、女性の観光客もいらっしゃるようで、物珍し気にビル内を見て回って帰っていくというご一行もいました。

アドベンチャーの心得

ビルを見学しただけで帰ったので、心得を説く立場にはないと自覚しつつも、ビル内を歩き回っているときに「こういうこと気を付けないとな」と思ったことをメモします。

  1. 暑くて判断が鈍る。湿気による蒸し暑さがあるので、頭がボーッとしてくる。周りの男性陣がエレベーター乗車直後は元気だったのに、だんだんと冷静さを欠いていった場面を目にしました。これはビルの特性を利用した巧妙な設計と言わざるを得ません。
  2. ネオンライトによる錯覚。ものすごいネオン光を部屋中にめぐらしているので、いろいろなものがすごくきれいに見えます。だけど、実際は。。。ということが往々にしてあるので、ネオン効果を遮断できる脳を保つことが重要です。
  3. 空いているということはあまりないようで、誰かしら他のグループとのピンポン争いとなります。ほかのグループにとられた!!なんて焦りから、冷静な判断力がなくなっていきます。ほかのグループはあまり気にしないで、冷静を保ってアドベンチャーした方がいいと思います。

 

なかなか香港市内だとこれ以外の観光スポットが少なく、歩き疲れて終わってしまうパターンが多いと思いますので、休憩したいなーと思った諸兄は立ち寄ってみたらいいかもしれません。

電気自動車の普及までに解決すべき7つの問題


話題の電気自動車をレンタルしてドライブに行きました。

高速道路の休憩所をはじめとして、充電設備が普及してきているので、電池切れの心配はなくなってきていると思っていましたが、結構走っていて不安になりました。

充電するときも充電設備の設計が不親切で、またまた不安に。電気自動車を一般的に普及させるには、いろいろと乗り越える壁が多いなと思いました。

今回は、走行中と充電の2つに分けて、体験した問題点を書き上げてみます。

走行中の問題点

  1. 走行中にダッシュボードに走行可能距離が表示されるが、エアコンやオーディオ機器の接続具合で急激に走行可能距離の表示が変わる。あまりに大きく走行距離が変動するため、とてもエアコンやオーディオをつけながら走ろうとは思えない。
  2. “走行可能距離”の表示のため、一般道から高速道路に入った時に、走行可能距離の減り具合が大きく変動して不安になる。一般道だと、スピードが遅いので走行可能距離の減り具合が一定でなだらか。ところが、高速道路に入るとスピードが出て走行可能距離がガンガン減っていく。
    この感覚は、スピードが載ってくるとガソリンの減りがなだらかになるガソリン車とは全く逆。高速道路の走行に電気自動車は向いていないのかもしれない。

充電設備の問題点

  1. 「発電機の操作パネル」と「発電機コントローラーの操作パネル」があり、操作パネルにその二種類の存在が明記されてないので、どこを操作すればいいのか1st stepからわからない。(というか操作パネル一つにまとめて欲しい)

  2. 充電には事前に会員登録が必要であることが、充電機の前にきて初めてわかる。

  3. その場で会員登録するには、クレジットカードが必要。また、登録処理をするために、電話をかける、もしくはスマホで会員サイトにアクセスする必要がある。
  4. 充電無料だと思ってたら、1分50円の高額課金。(1回30分1,500円で航続距離100km~120km)
  5. 充電中でもプラグの抜き差しができるので、車を離れるとプラグを他人に抜かれるイタズラされそうで心配。充電中の30分、充電場所から離れられない。

 

そんな感じで、まだまだ不安の多い電気自動車ですが、エコな感じは体感できたので、いろいろな課題を乗り越えて普及するといいなーと思います!

日光東照宮でみつけた穴場な駐車場

日曜日に日光東照宮に行ったら、紅葉の季節だからか、観光地だからか、ものすごく混んでいました。

車で行くと駐車場もなかなか空かず、駐車場待ちの渋滞が延々と続きます。

そんな中、あまりに混んでいて駐車場に入れなさそうなときに使えそうな駐車場を見つけたので紹介します。

地図上の場所

地図だとわかりにくいですが、この西のほうに日光東照宮があります。

目印

日梱東照宮に向かう途中に、消防署の看板があるので、そこで右折して侵入していきます。看板の手前には、紅葉のきれいな休憩所とお手洗いがあります。

駐車場

看板で右折して、まっすぐいくと次のような看板があります。そこが駐車場になります。

料金は、日光東照宮の駐車場より100円安い500円/1日。

無人の駐車場なので、お金は備え付けの料金箱に入れます。

この駐車場に車を駐めて、日光東照宮まであるくと、だいたい10分程度はかかると思います。ただ、途中に食事処や、名物の湯葉づつみが売っているお店が多くあり、歩いていて楽しい通りになっています。ただ、10月後半だと少し寒いので、上着があるといいかもしれません。

また、道中には数々のメディアに取り上げられた有名店「食堂 すずき」があります。イタリアンを提供しているのですが、豚丼などの和食もあります。名物の湯葉がつくランチメニューがあり、お昼はここで食べると名物もおいしいものも食べられて一石二鳥でした。デザートのフレンチトーストやティラミスもおいしかったです。



食堂すずきは混みやすいようで、場合によっては入るのに並ぶかもしれません。

 

というわけで、日光東照宮に行く際は、すこし遠めの駐車場に車を駐めて、歩いてもなかなか楽しくておいしい場所があります、というご紹介でした。

 

「蒼き鋼のアルペジオ Cadenza」を見てきた

10月3日(土)より公開の「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza」を見てきました!

サインポスター

新宿バルト9で見てきたのですが、入り口に関係者のサインがずらっと書かれたポスターがありました!

 

来場特典のミニ色紙

来場特典でミニ色紙がもらえたのですが、後で調べたところ、1週間で3種類がランダムで配布されて、これが3週間の入れ替わりで配布されるらしい。3週間で計9種類。集めたい・・・・

特別展示

同じビルの6Fにて公開記念で特別展示も出ており、戦艦のプラモデルが展示されていました。高難易度のプラモデルらしく、ただモデルを買って組み立てて塗っただけでは展示されていたような出来栄えにはならなそう・・・。展示のモデルはホビージャパン監修の作品でした。

感想

CGを主体にしたアニメ技術が浸透してきて、映画にも耐えうる技術レベルになってきているのはすごいと思う。

「Final Fantasy」や「キャプテンハーロック」、「サイボーグ009」のようなCGに振り切ったものは細かい部分もCGで作りこむ必要があって手間とコストが半端なさそうだった。

セルルック3DCGだと、手書きで表現できる部分があって一定レベルにコストが抑えられそう。

セルルックといえば、ゲーム業界でいえばBoarderlands(2009年)で一気に注目を浴びた気がする。トゥーンシェーダとその時は呼んでいて、「アニメっぽい画質なんかで売れるはずがない。CGはリアルでなければならない」という思想に一石を投じたんだけれど、映画的表現が主流で制作工程も映画的方法にロックされてしまっていたから、他の会社はなかなかシフトチェンジできなかった。今、国内でトゥーンシェーダ系でうまくいっているのは、大型ゲームだと「ドラゴンクエスト」くらいだけではなかろうか。あ、バンダイナムコのゲームはほとんどトゥーンシェーダか。

アニメだと「シドニアの騎士」も大成功だったし、CG界隈はセルルック/トゥーンシェーダーがどんどん流行しそうだなー。

これでアニメ調のCG表現が流行ってくれば、ゲームでもリアルCGからアニメ調にシフトしていくのだろうなー。

そうすれば、グラフィックに過度にコスト割かなくてよくなるから、遊びにもっとコストを割いたゲームがうまれるだろうなぁ。インディーゲーム界隈では、5年くらい前からその流れではあるけれど。

【WordPress】さくらのレンタルサーバーでSSL化する

さくらのレンタルサーバーでホストをしながら、WordpressをSSL化をするとき、少し手間取ったのでメモを残しておきます。

問題

さくらのレンタルサーバーでSSLを有効にしたが、https://でサイトにアクセスするとブラウザでエラーが表示されて、サイトが閲覧できなかった。
利用サービスは「さくらのSSL」で、Rapid SSLを使用。なお、さくらのSSL経由で認証局への手配やら、暗号鍵のサーバーインストールは正常に完了している。

原因

さくらのレンタルサーバーはSSL通信をする際、さくらのサーバーからリダイレクトをかけていた。

参照:さくらレンタルサーバーのサポートページ

「さくらのレンタルサーバ」にて提供しているウェブサーバApacheは、 80番ポートを使用する(HTTP)ものと、 443番ポートを使用する(HTTPS)ものとの 2種類に分けられます。 また、後者についてはプロクシとして動作します。 一般的に、前者は「http://」、後者は「https://」という形式でアクセスしますが、 同じディレクトリへのアクセスであっても、その際に呼び出されるウェブサーバ が異なると、 CGIプログラムやウェブサーバが.htaccessなどのファイルを読み込む際、挙動に違いが生じます。 例えば、HTTPとしてアクセスした場合はお手元のコンピュータが、 HTTPSとしてアクセスした場合は サーバそのものがアクセス元となります。 このため、SSLのみのアクセス許可(HTTPアクセスの制限)や、mod_rewriteによるURLの書き換えはできません。
引用元:https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2325

解決方法

さくらのレンタルサーバーでSSL通信をするときに、サーバーからのリダイレクトで処理することを認識させる設定を.htaccessに記述する必要があった。

参考:さくらのレンタルサーバでHTTPS(SNI SSL)な独自ドメインのWordpressサイトを構築する際の注意点

設定の引用

※環境ごとの設定は適宜変更してください。

まず、Wordpress設置時に追加する(パーマリンク設定時に生成される).htaccessの先頭に、以下の設定を追加します。

.htaccess
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

次に、wp-config.phpの先頭に以下の内容を追加します。

wp-config.php
if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
    $_ENV['HTTPS'] = 'on';
    $_SERVER['HTTP_HOST'] = 'www.example.com';
    $_SERVER['SERVER_NAME'] = 'www.example.com';
    $_ENV['HTTP_HOST'] = 'www.example.com';
    $_ENV['SERVER_NAME'] = 'www.example.com';
}

引用元:http://qiita.com/tabimoba/items/64ef60412abe7ad6f0ac

その後

上記設定でhttps://のURLが問題なく閲覧できるようになりました。一方で、サーバー側の負荷が増えたようで、これまで1.0秒以下のレスポンスタイムだったが、1.1~1.2秒レスポンスにかかるようになってしまいました。リダイレクトはさくらのレンタルサーバーの設定上、どうしようもないので、アクセスが増えて来たらリダイレクトのないサービスに移行する必要が出てくると考えています。

 

VirtualBoxが起動しないときの対処法

Linuxで遊ぼうと、VirtualBoxをインストールしたらエラーが出て起動しない。

解決方法が場合によって様々でしたが、以下の2つを試して解決しました。

 

1)NTcreate file failed
これは2015年4月のwindows updateが原因なようなので、該当するwindows updateを削除すればOK。対象となるアップデートはKB3045999。

参考:https://www.virtualbox.org/ticket/14052

2)make sure the kernel module was loaded successfully
カーネルドライバがインストールできていない場合のエラー。対象のドライバを手動でインストールすれば解決。

ドライバ①
C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\drivers\USB\filter\VBoxUSBMon.inf
これを右クリックしてインストール。

ドライバ②
C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\drivers\vboxdrv\VBoxDrv.inf
これを右クリックしてインストール。

参考:https://forums.virtualbox.org/viewtopic.php?f=6&t=46845

 

以上で無事Virtual Boxが起動できました!

 

筆者環境:Windows 7 64bit

 

 

 

デジモンアドベンチャーtriのトレイラーが公開!第一章「再開」

デジモン15周年映画「デジモンアドベンチャーtri.」、8月1日にファーストトレイラーが公開されていた~!

もう少しセンコロールっぽい絵になるかと思ったら、ちょっと想像と違った。細田守氏の映画のテイストとも違うし、既出情報だけだとちょっと違う感があるかも。。。今後の情報に期待!

Linkedinのスパムに注意!

Toyota MotorsのManaging Directorを名乗るYui Yutoという方からインビテーションがあったので、「そんなはずはない」と調べてみたらやっぱりスパムでした。残念。

調べ方

  1. 大手企業なら、Managing Directorなら取締役などでコーポレートサイトに名前が載っているはずなので、同じ名前がないか確認します。
  2. もし相手が写真付きであれば、写真で画像検索をかけます。全く違う人がヒットすれば、Linkedinできたインビテーションは偽物です。

実例

私に来たスパムは、このサイトの顔写真を転載して架空の人物を作り上げていました。

URL: http://oncobiologics.com/as_senior-management

 

かなりの勢いでconnection数が伸びていたので、結構多くの人が引っかかっていると思います。一回コネクトすると、設定によっては連絡先を抜かれるので、迷惑メールとか悪質なインビテーションが増えるかもしれません。

知らない人からインビテーションが来たら、一回きちんと構え直して、調査をしたほうがよさそう!