Home / タグアーカイブ

タグアーカイブ

Solution for Battlefield V crash with DXR ON

I was experiencing frequent crash right after I enter any game mode in Battlefiled V with DXR ON. Now I have found a solution that does not require Windows clean install.

System
CPU : Intel Core i7 8700
GPU : GeForce RTX 2080 Ti (ASUS DUAL 11GB)
Memory : DDR4 32GB
Power: Seasonic 730W Platinum
OS: Windows 10 64bit home edition

After careful monitoring on performance during game, I found my game crashes when GPU temperature reached 80 degrees Celsius.
So I’ve tuned my GPU software (ASUS GPU Tweak II and EVGA Precision X1) to have 100% fan speed on 60 degrees Celsius. Then, the game is running smoothly and have not experienced crash since, with DXR ON.

Another minor problem I saw was CPU power throttle, when I turned on Ultra for graphic quality. Although GeForce RTX 2080 Ti is capable of Ultra quality, looks like there is a CPU bottleneck and there was frequent power throttle turned ON during the game which lead to crash even if GPU temperature was under 80 degrees Celsius. So to keep graphic capable for CPU to be handled, I used GeForce Experience optimization tool and set 4 level lower to what is recommended for GeForce RTX 2080 Ti.

It’s a shame that I have to set lower graphic quality due to thermal and power issue. I will make sure to have water cooling on GPU and higher power cap next I built a high-end gaming PC.

『Battlefield V』がDirectX12 ON, DXR ONでできるようになった!

『Battlefield V』がDirectX12, DXR両方をONにした状態でプレイするとすぐにクラッシュする状態が続いていましたが、原因の特定と解決ができました。

原因は2点ありました。

原因.1) GeForce RTX 2080 Ti のサーマルスロットル

クラッシュ時点のパフォーマンスモニタを続けたところ、GPU温度が80度になったところでクラッシュしていることが絞り込めました。

そこで、ファン回転速度を60度を越えたところで100%になるように設定し、常時60度近辺になるようにしたところ、クラッシュしなくなりました。

GeForce ExperienceでGeForce RTX 2080 Ti の最適設定から4レベルほど下げて、DXRを低にすることで温度管理もしています。

原因.2) Intel Core i7 8700 のパワースロットル

上記でGeForce Experienceの最適化を活用して最適から4レベル低くしていますが、これはGPUのためというよりかはCPUのパフォーマンスボトルネックに到達してしまうからです。

GeForce RTX 2080 Ti ならば『Battlefield V』は最高設定で回せますが、CPUがK型番の入っていない定格コアだとすぐにTurbo boostの規定時間(通常は28秒)に到達し、パワースロットルが発動します。

今はTurbo boostの規定時間をIntel Extreme Tuning Utilityを使って96秒に延長していますが、グラフィック品質最高設定だとそれでもパワースロットルに到達するので、グラフィック品質を下げて対応しています。

GPU温度管理の必要もあり、原因1と2両方に対して温度と電力管理をしています。

反省:ハイエンドを使うならそれに見合うケース、ファン、電源を

今回の最大の反省は、結局温度と電力管理にいきついたので、ハイエンドGPUを使うならば、推奨よりも余裕をもった電源と、冷却設計を意識しないといけないという点です。

『Battlefield V』発売当初は、Chapter.1アップデートがあたっていなかったので、リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンスがゲーム側の要因で悪く、そこまでGPUが効率的に活用されていなかったのだと思います。だから温度がサーマルスロットルに達しない状態でDXR ONでプレイできていた。

でも、Chapter.1アップデートのあとにリアルタイムレイトレーシング効率が50%上がったので、これと一緒にGPUがより活用されるようになり、温度上昇をもたらし、今までの設定だと遊べなくなってしまっていたのだと思います。

PC一式を新調したばかりなので、電源やケースを交換するつもりはないものの、次にハイエンドPCを作るときは間違いなくGPUは水冷にするし、十分なエアフローをラジエターに提供できるケースを選定するようにします。

『Battlefield V』がDirectX12で遊べるようになったが・・・

『Battlefield V』の調整をした結果、なんとか『Battlefield V』をDirectX12 ONの状態で遊べるようになりました。

でも、DXRをONにするとまだクラッシュする。なぜだ。海外のフォーラムを見るとOSクリーンインストールで治るらしいけれど、そこまでするつもりもない。

症状悪化するのも怖いし、今のうちに、ゲーム環境とその他編集環境をわけようかなぁ。

 

さて、修復のきっかけは3DMarkのTime Spyベンチマーク。『Battlefield V』でDirectX12をONにすると、windowsのグラフィックボードのパフォーマンスモニタでグラボの使用率が10%以下だったので、ほかのアプリケーションではどうだ?と思ってDirectX12のベンチソフトを探したら、無料のものがTime Spyしかなかった。大丈夫なのかDirectX12の普及。

それで、Time Spyを回してみたら、Time Spyすら落ちるのでグラフィックボードの故障を本気で疑う。保証書を探しているうちに、使っているGeForce RTX 2018 Ti がオーバークロックモデルだったのを忘れていて、クロックを調整したら安定するようになりました。その後、Final Fantasy XV ベンチマークも走らせて、GeForce RTX 2018 Ti が平均で発揮する性能を上回るようになったので、グラフィックボードの故障ではないのは確認できた。

こうしてDirectX12をONにして『Battlefield V』をプレイできるように調整できるようになりましたが、DXRをONにすると落ちる。もしかして、RTXコアがオーバークロックされているんじゃないか??

などなどまだまだGeForce RTX 2080 Ti を活かしきれていないことを痛感する日々です。

『Battlefield V』がDirectX12でプレイできない問題

PC版『Battlefield V』のためにGeForce RTX 2080Tiを購入したもの、なぜか自分の環境ではDirectX12を有効にするとゲームがクラッシュするようになってしまいました。。。

海外のフォーラムをみると、どうやら『Battlefield V』側の問題のようで、解決方法はゲーム内のオプションからDirectX12をオフにすることしかないようです。

ゲームのオプション説明にも、一部の環境でDirectX12が対応していないという注意書きがある。うーむ。

 

リアルタイムレイトレーシングがしたいのに、残念極まりない。おかげで全然ゲームが進んでおらずまだLv12。やる気でない。

この現象とは関係ないはずだが、なぜか『フォートナイト』もごくまれにフリーズしてクラッシュする。CPUのオーバークロックが原因かと思って定格運用をしてもフリーズする。

もう新しい環境作り直した方がよいのでは?と考えてしまうレベル。今の環境かなり高いので勘弁してほしい。

 

解決しないかなぁ・・・・