Home / 2014 / 2月

Monthly Archives: 2月 2014

「GODUS」(Steam)がヤバそう

Fableシリーズで有名なPeter Molynuex氏が新設した22Cansスタジオが開発中のタイトル「GODUS」。いわゆるGODゲームで、文字通り神になって地形や気候を操り人類やら何やらを導いちゃおう系のゲーム。なんだか対抗する神もでてきて、別の神とは戦わないといけないらしい。

そんな神様ゲームですが、日本と韓国に関してはDeNAがMobageで配信するというのが2013年5月に報道されていました。そのため、てっきりスマートフォン向けのゲームかと思っていたのですが、ふとSteamを見たらいつの間にか「GODUS」が配信されていた。2013年9月に早期アクセスでリリースされていたらしい。(Steamのページ)

トレイラーの見た目はすごく楽しそうで、地形をいじって民衆を発展に導き、文明を開花させていって、他の神と戦う。

でも、ふとコメント欄に目をやると、厳しいコメントばかり。どうやら基本的にはスマートフォンに向けに開発されているテイストらしく、ソーシャルゲームのよくある要素が入っているが、どうもゲームとマッチしていないらしい。システムはコメントを見る限り、「Clash of Clans」に無理やりカードガチャのシステムを入れたような印象。簡単にまとめてみると:

  • 神様パワーを使って土地を掘ったり、隕石を落としたりするが、時代に応じて限られた方法でしか神様パワーが貯められない。それに、隕石とかはマルチプレイ以外では使わないので、基本的に穴掘りしかない。
  • 時代の進化にはテクノロジーカードが必要で、テクノロジーカードのアンロックには資源カードが必要。資源カードは、土地を掘り掘りすると出てくる宝箱に入っていて、これを開けると資源がランダムで手に入る。(土地の表面層にある宝箱もあれば、掘るのに30分かかる深い層にもあって、面倒らしい。)
  • 他の資源入手法はマルチプレイヤーで奪うこと。
  • Gemシステムがあるっぽい。まだ開発途中のため使えないようだが、スピードアップ系に使うのはなんとなく見える。

ということで、リソースマネジメントとバトルはどうも「Clash of Clans」っぽい。そこに、土地を掘っていると出てくるランダム宝箱があるというところで、ガチャ要素が入ってくる。

その結果、ちぐはぐなゲームになっているようで、糞ゲー評価が多くなっている感じ。

また、早期アクセスを行っているのに、開発からのコミュニケーションがないと言っていいほど少ないのも問題視されている。もっとフォーラムでコミュニケーションして、改善をはかってくれよとユーザーは嘆いて・・・ まあ、嘆くというか無言で離れますね。

そんな厳しい状況下で、なぜか昨日Peter Molynuex氏がdevelopのインタビュー記事にでている。最近問題視された「Dungeon Keeper」へのコメントと、「GODUS」の今後について語っている。「Dungeon Keeper」は強制的に★5のレビューをさせる仕組みなっていて問題視されたので、タイミング悪くない?と思ったり。で、「GODUS」については4月~7月末のどこかでベータをやるみたい。その時点で、800万人を迎え入れられるようにするとのこと。うーん、そんなに集客できるのかな?少なくとも今Steamに上がっているようなコメントを前評判とすれば、もう現時点でやりたくないのだけれど。

「GODUS」のコンセプトとしてはコアゲーマーとカジュアルゲーマーが交わるゲームにしたいみたい。コンセプトはFableのときもそうでいつも流石!立派!と思うのだけど、今回のインタビュー記事では自ら直近のFable IIIを事故作(train wreck)と表現していて、なんだか以前感じたような作品への威厳がどこへいってしまったのだろう・・・という感じ。

そういえば、Peter Molyneux氏がクラウドの実験作としてリリースしたCuriousityの”達成者”へのご褒美が2013年5月に発表されていて、その中身は「GODUS」でゲームの全てを操ることができる権利だった。おそらく、マルチプライヤーのパラメーターも含めた、完全な神としての立ち位置が権利として与えられた。当時は結構なニュースになった。

これだけの仕掛けをしてるからには、Peter氏には、現してみたい崇高なコンセプトがあるような気がしてならないのだけど、なんだかゲーム開発とは全く無関係なところで、その実現が妨げられているような気がして、なんだか残念な気持ちになる。FABLE IIIも、Microsoftの独占販売なので、実現を妨げる何かあったように思えてならない。(そういえば、いまいちピンと来ない、無理やりなインゲームストアが実装されていたな・・・)

色々なしがらみを想起させられてしまう、そんな後味の苦い感じな、Steamの「GODUS」ページでした。

気になったWordPress テーマ

このブログはWordpressで運営しているのですが、たまに別のテーマに衣替えしたいなーとも思うので、気になるテーマをメモ代わりに残していきます。不定期で更新していこうかなと思います。

Steam (envato theme Forest $55)

Sahifa (envato theme Forest $55)

Stinger 3  (Stinger公式サイト Free)

  • 使用されているサイト:ENJILOG

Duena (Worpressテーマ Free)

 

やっぱり気分でテーマを変えたくなるので、Wordpressは飽きっぽい自分には本当に向いているなと思います。PCのグラフィックボードを変えるくらいの感覚。

 

<wordpressで参考にした本>

WordPressを勉強するにあたり、一番分かりずらかったのは機能。プラグインによって自分で好みに機能が足していけるとはいえ、デフォルトの機能が分からない。そんなとき、プラグインの時点を見れば、「ああ、これは自分で入れないといけないのね」というのが分かる。逆に、プラグイン集に載っていない機能は、きっと探せばデフォルトでWordpressに入っている。そういう考え方で読んだので、ぱらぱらと眺めただけでだいぶWordpressでできること、できないことが分かりました。この一冊しか今のところ買ってないです。

『WordPressプラグイン100選』

The Elder Scrolls Online ベータコード配布が来たなぁ

久しぶりにゲームっぽい記事が書ける!うれしい!

本日2/25、The Elder Scrollsのベータテストに向けたコード配布があり、目的がストレステストなので、応募者の大多数が対象になったようで、自分のところにもベータアクセスコードが到着。ちなみに、ベータ申請時のNDA(秘密保持の契約)は公式に無効化されているので、スクリーンショットも動画もコメントもなんでもOK状態。

さて、実際にきたメールはこんな感じ。

簡単に言うと、

  • 2/28金曜日(アメリカ時間)にベータテストするから参加してな
  • ベータコードは、あなたに加えて、もう一人あなたの友達が呼べるから、友達呼びたかったらこのメール転送してな
  • ベータに参加すると右下のサルがペットでもらえるよ

サルという微妙な特典はさておき、「CREATE A BETA ACCOUNT」ボタンからアカウントを作成。作成したら、「REDEEM CODE」というボタンがアカウント管理画面に出てくるので、それをクリックして、コードを入力。あとはクライアントをアカウント管理画面からダウンロード。クライアントを起動すると21GBくらいの大容量ダウンロードが始まり、これが終わればTAMRIELへ旅立つ準備が整います。

それにしても、ベータで何しよう。クラフトは趣味じゃないし、キャラの外見もそこまで趣味じゃないから、MODが入れられないとそこまでそそられない。てくてく冒険して、適当に剣と魔法をふるって終わろうかしら。Guild Wars 2, DQX, FFXIVとやって、MMO RPGには結構疲れ切ってしまい、最近ではディズニーツムツムしかやってない。またがっつりMMO RPGにはまらせてくれるような、何か新鮮な要素があるといいなあ!

ところで、MMO RPG業界的には、大変な競合が来ることになるので、今のうちに新規や既存プレイヤーを囲っておこうとイベントを用意してくるはず。
このあたりは、Massivelyを見ていると結構でてくる。初心者向けのTIPSや、大型のイベントがちらほら。
Choose My Adventure: Riding into the sunset in EverQuest
EVE Evolved: Top five tips for new EVE players
Flameseeker Chronicles: Meeting fun halfway in Guild Wars 2
→え、Lion’s Archつぶれっちゃってんですか・・・見にいきたい・・・

うー、Guild Wars 2のイベントは参加したかったな・・・見逃していた。ダイレクトメールは受け取っているのだけど、HTMLで画像が貼られてくるから、スマホだとイチイチ画像を許可しなくてはいけなくて、結局みないんだよな・・・。

と、この記事を書き始めて20~30分経つけど、まだTES Onlineのダウンロード終わらない。1MB/sくらいしか転送速度出てない。(ちなみに、USENのスピードチェックだと17Mbps出る回線。)遅い!

ということで、TAMRIELに行く前に、Tyriaに旅立ちますかね・・・。

アイドルマスターsideMに見る、宣伝の本気

いや、昨日今日で、おかしいくらい「アイドルマスター sideM」の記事が出ている。
ゲームの内容は各記事に委ねるとして、その掲載先をがんばってリストアップしたい。
(気になる内容は、”勝負”ではなく”協力”と”自慢”という、女性向けへのアレンジをしているように感じる)

今日時点でどのくらい出ているかが大事なので、がんばって急いでアップ。
Googleの検索上位から拾ってくるだけですが・・・

  1. ファミ通
    【PV追加】『アイドルマスター SideM』Mobageで男性アイドルをプロデュースする新たな『アイマス』が登場
  2. Cnet
    バンナム、女性向けソーシャルゲーム「アイドルマスター SideM」–Mobageで配信へ
  3. 本家 (THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB)
    アイドルマスター SideM事前登録開始しました!
  4. Mobage
    事前登録サイト
  5. はちま起稿(まとめ)
    【速報】女性向けアイマス新作『アイドルマスターSideM』きたあああああ!!
  6. 4Gamer
    アイマスライブ「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」で発表された「アイドルマスター SideM」では,Jupiterを始め個性豊かな「男性アイドル」をプロデュース
  7. ニコニコ大百科
    アイドルマスターSideM
  8. GameWatch
    Mobage「アイドルマスター SideM」男性アイドルをプロデュースするドラマチックアイドル育成カードゲーム登場!
  9. 電撃オンライン
    【速報】男性アイドル版『アイマス』、『アイドルマスター SideM』が発表! 登場キャラクターの中にはJupiterの3人も
  10. とりあえず速報 (まとめ)
    【モバマス】アイドルマスターsideMのPV公開!
  11. ドリマス(まとめ)
    http://deremas.doorblog.jp/archives/37211058.html
  12. マイナビ
    オレたちと最高の舞台を目指そう! 『アイドルマスター SideM』事前登録開始
  13. mixi
    『アイドルマスター SideM』事前登録開始! 今度は男性アイドルをプロデュース<このあたりからまとめサイトは割愛気味になる>
  14. Yahoo!  (エンタメ)(まじかよwwwww)
    オレたちと最高の舞台を目指そう! 『アイドルマスター SideM』事前登録開始 (記事が削除されました)
  15. KAIYOU
    男だらけのアイマス「アイドルマスター SideM」発表 今度は男性アイドルを育成
  16. アメーバ
    『アイドルマスター SideM』事前登録開始! 今度は男性アイドルをプロデュース
  17. Animate
    ワケあり男性アイドルたちをプロデュース!? ドラマチックアイドル育成カードゲーム『アイドルマスター SideM』の配信が決定!
  18. Social Game Info
    バンダイナムコ、女性向け育成カードゲーム『アイドルマスター SideM』の事前登録を開始!理由(ワケ)あり男性アイドルを育成
    <この辺から、変なクッキー踏んだりする。こういう収集作業は、IR担当のお仕事だよね・・・と思い始める。>
  19. INSIDE GAMES
    弁護士が、自衛官が、医者が、男性アイドルに!?男だらけのアイマス 『アイドルマスター SideM』発表、『ワンフォーオール』のPVも
  20. やらおん
    男性アイドルをプロデュースする新たなアイマス『アイドルマスター SideM』のPVが公開! 元医者がアイドルを目指した理由www
  21. YouYube
    RJGaming Channel (!?)
  22. exciteニュース (おー)
    オレたちと最高の舞台を目指そう! 『アイドルマスター SideM』事前登録開始
  23. ひまねっと
    『アイドルマスター SideM』のキャラワロタwwwww
  24. ツイこれ (ツイッターまとめ!)
    【事前登録開始】何が起こっている?『アイマスSidem』
  25. GREE (ええええええええええええええええええええええええ!?)
    『アイドルマスター SideM』配信決定!
  26. Fujo2 (初めて拝見するタイプのサイトでした・・・)
    【ゲーム】Mobage「アイドルマスター SideM」近日サービス開始 元弁護士・元パイロットなどの男性アイドルをプロデュース
  27. pixiv (さすが、お仕事早いですね・・・)
    http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=41830960
  28. 腐女子速報
    【アイドルマスター SideM】正式発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!事前登録受付中!!
  29. リスアニ
    末娘の里帰りに、5年ぶりの「おかえり!」 “THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014”二日目レポート
    →ここでサプライズとしてsideMの事前登録告知がされている。
    男性が多い会場であったが、天ヶ瀬冬馬の画像で大きく湧く・・・・!
    伊集院北斗だったら!俺も! (神原さん!!)
  30. はてなブックマーク
    バンダイナムコの新作、アイドルマスターSideMの略称がすごい勢いで“ホモマス”に定着 : 市況かぶ全力2階建kabumatome.doorblog.jp
    (元:市況かぶ全力2階建)

もう攻略wikiもできているよ。。。

このあたりでだいぶ納得。

THE IDOLM@STER M@STER OF IDOL WORLD!!2014でサプライズ告知
→ホモマスの事前登録始まるってよ
→どうしてホモになった(どうしてアイドルになった)
→膨らむ妄想
→妄想といえば
→拡散
→平然と、当たりさわりなくに拾うYahoo!とGREE
→ホモマスの事前登録始まるってよ
→どうし(ry
→ループ

というのが、webサイトのメディアと、ツイッター両方混ざって楽しく会話として拡散したんだろうなあ。いいなあ。

適度にまざるデイトレーダー勢

そうとうレベルの高い拡散! さすがガチ!

ところで、まとめサイトのタイトルがどれも工夫されていてすごいなーと思いました。
勉強になります!

以上ネタでした。

追加:そして本日は如月千早のお誕生日!

ネトゲ廃人に朗報!ゲーム会社が廃人を募集しているぞ!ww

ソーシャルゲーム会社のドリコムがネトゲ廃人を求人しています。
http://recruit.drecom.co.jp/award2014/

とはいえ、よく募集要項を読むと、
優勝しても採用されるわけではなく、
一次面接がパスされるという若干ワナな感じのする罠。

まあでもこれはAmazonギフト券3万円分狙いですね。

エントリーは3月9日までらしいです。

EA: 2年後にデジタル売上は物理メディア売上の2倍に

EAのCOO Peter Moore氏がDigital Entertainment Conferenceの基調講演に登壇、
ビジネスがデジタルにシフトしてく中での学びを語りました。

現状、ゲームは物理メディアとデジタルが両方存在するハイブリットな状態で、
次世代機の急速な売上がこの両プラットフォーム(デジタルと物理メディア)の競争環境をより
(いい意味で)激しくし、究極的には市場にとって良い影響をもたらすとコメント。
Moore氏はコンソール市場の強固さを信じてはいるものの、
モバイルの成長を指摘し、デジタル売上が物理メディアの売上を2年で越えるだろう、コメントした。

音楽業界のデジタルへの移行を振り返り(回復の状況が見えていない)、
ゲーム業界においては「破壊的創造」を受け入れなければならない、とした。
業界として、消費者の趣向と慣習を止めることはできない。
EAにとって大事なこと、業界がほぼ全体として移行している方向性として、
ゲームはライブ運営型になってきていることがある。
これが意味することは、カスタマーサービスを実現するための大規模なインフラと、
グローバルな決済手段の必要性である。
Moore氏は今は完全に違う業界であると指摘、グローバルネットワークがなライブで運営され、
ゲームは24時間いつでも遊べることが求められている。
そして、EAの仕事は、いつでも遊べるようにアクセスを提供することである。
EAはまだまだたくさんのことを勉強しているのだ。

オンライン環境はEAにとって消費者と直接関係をもつことにとても貴重なものとなった。
EAの従来の客は小売店であったが、今では彼らのゲームで遊ぶゲーマーなのである。
事実、EAは過去5年間でカスタマーサポートスタッフを3倍にした。
パブリッシャーがどのようにゲーマーとかかわり、モノを売るかが変わってきている。
Moore氏は「マーケティング」という言葉を避け、「Engaging」という言葉を使う。
ソーシャルメディアが成功に決定的な要因となり、Moore氏によれば、
ゲーマーはTwitterで聞けば30分以内にEAから解決策が得られるとした。

マーケティングの話になると、EAのTVコマーシャル費用は20%減り、
デジタル向け支出が2倍になったとした。
ソーシャルメディアとコミュニティマネジメントが業界のルールを変えてきている。
TV広告に莫大な投資をして、それで売上が上がるかななんて言っている場合じゃない。
ゲーム会社はデジタルチャンネルを駆使して、より効率的なマーケティングに集中できるようになった。

今日、TV広告は水面の撒き餌だ。それで客を集めて、デジタルメディアで釣り上げる。
こうすることで、メッセージをプッシュする代わりに、engageすることができる。

原文:EA: Digital revenues to overtake physical in two years

Facebookが買収したWhatAppについて考える

FacebookがWhatAppという、日本でいうとLINEのようなツールをなんと$19Billionで買収。
日本円に直すと、約1.9兆円。ほとんどのニュースサイトで狂ったような金額と評価されています。

さて、ではその高額で買収されたWhatAppとは、どのようなツールなのでしょう。
Wall Street JournalとForbesが分かりやすくグラフを用意してくれているため、紹介します。

まずはWall Street Journalから。
リサーチ会社Mobidiaに頼み、
数あるコミュニケーションツールが主要国にてそれぞれどの程度使われているかをグラフにしています。

 

Y軸は、1週間あたりの平均使用時間(分)になっています。
これを見ると、各国では以下のツールが主流のようです。

  • 中国:Kakao TalkとWechat
  • ロシア:Kakao TalkとSnapchat
  • USA:Kakao TalkとWechat
  • スペイン:Kakao TalkとWhatApp
  • UK:Kakao Talk, WhatApp,k WeChat, LINE, BBM (BlackBerry)
  • インドネシア:BBM
  • 韓国:KAkao Talk
  • インド:WhatApp
  • Brazil:WhatApp
  • Japan:LINE

ただ、あくまで平均時間なので、ずっとツールをつけっぱなしにしている人がいれば
それだけで大きくカウントされてしまうため、普及率という点では使いにくい数字ではあります。

それにしても、インドネシアはまだBlack Berryユーザー結構いるのは驚きです。

Forebes

ForbesのチャートはFacebookから入手したIR資料を紹介。

確かに、このグラフからならば狂ったような金額を支払っても価値があるようにみえるが、
Wall Street Journalのグラフを見てしまうと、
なんだか比較しているものが違うという印象を受ける。

FacebookやTwitter, Skypeではなくて、
やはりLINEやKakao Talkと比較するべきなのではないか?

それに、そういえばLINEは2年5ヶ月で3億人のユーザーを獲得している。

成長速度では、LINEの方が上なように感じる。

今回の買収は意図はさておき、金額はかなり怪しい感じがします。

Eutechnyx にてレイオフ

英国のスタジオEutechnyxがレイオフ。
同スタジオは、2013年6月にロンドンオフィスを閉鎖しており、それに続く動きとなっている。

CEOのDarren Jobling氏によれば、より多くの新規タイトルを開発し、新興市場に参入していくにも、内部の再建が必要とのことで、その結果12名のレイオフ。残り130名のスタッフで、新規市場に切り込んでいくという。

なお、一部ソースによると、スタッフの一部は「The Division」の開発のため、Ubisoftに貸し出されている模様。

 

Eutechnyz

所在地:英国 ニューキャッスル

設立:1987年(旧Zeppelin Games、1994年にMerit Studios Europeに、1996年にEutechnyz)

代表作:

Zeppelin Games時代

1989 Ninja Commando (C64, ZX, CPC, Atari 8 Bit)

Merit Studios Europe時代

1994 Bud Tucker in Double Trouble (PC)

Eutechnyx~

1999 Max Power Racing aka C3 Racing – Car Constructors Championship (PS1)

2000 007 Racing (PS1)

2006 The Fast and the Furious (PS2, PSP)


2011 NASCAR The Game: 2011 (PS3, Xbox 360, Wii)

2012 Auto Club Revolution (PC)

Auto Club Racing (ACR)はなかなか独特なゲームで、見た目はGran Turismoの少し画質が劣る版。収益源はFree to Playなためアイテム課金だが、その中に「車のレンタル」があって、これまで車シミュレータにありそうでなかった要素が入っている。

頻繁にメルマガが届いて、だからこそ記憶に残っているが、あまり好きになれない印象。。。

(gamesindustry.biz)

Irrational Games閉鎖に伴うスタッフ受け入れの動き

2月19日に、Irrational GamesのヘッドKen Levin氏から電撃発表されたスタジオの閉鎖。
人員解雇の規模は100名レベルになるとの噂で、15人を残して全員解雇となる。

さて、閉鎖によって「BIOSHOCK」シリーズの今後が気になる所ではあるが、業界としては早速解雇されるスタッフの受け入れが始まっている。

ニュースになっているのは、Fire Hose Gamesというスタジオによる募集。
Fire Hose GamesはSteamで販売されている「Go Home! Dinosaurs!」の開発元。
ゲームとしては、恐竜がモチーフのカジュアルなタワーディフェンス。

このゲームのほんわかとしたあたたかい雰囲気同様、
Fire Hose Gameのブログによる募集告知もあたたかい。

We’re giving free desk space to recently laid off developers who are going indie!

もともと、インディーズを支援する企画が計画されており、その一環で、
最近解雇されてインディーを目指すデベロッパーを援助する、というもの。
オフィスの空きスペースや余った機材を提供され、インディーとしての完全独立を支援する。

支援の詳細は次の通り:

  • 提供されるのはデスクスペースと余った機材だけであり、提供もFire Hose Studioの営業時間 10時~19時、月~金のみ。
  • この支援はFire Hose Studioへの入社を促すようなプログラムではない。ただの空きデスクの提供である (its just free desk space)。
  • これは別に勧誘ではない。なんの貸しも発生しない。完全に慈善の心からやっているのです。それに、もともと空きスペースがいっぱいあるし :)
  • もし興味があればメールで連絡してね。その際、あなたのこと、あなたがインディーで何をするのか、そして、なぜあなたがデスクを得る必要があるのか、教えてね。

他にも絶対にデスクが欲しい人がいるから、なぜあなたが選ばれなければいけないのか、という理由を求めているのが、とてもアメリカっぽいですね!

(Gamesindustry.biz )

 

KABAMが韓国オフィスを新設

米国に本社のあるKABAMは韓国にオフィスを新設、11名のスタッフでスタートする。

韓国支社の役割は、現地のライブ運営サポート、QA、ローカライズとマーケティングとなる模様。
KABAMのタイトルが韓国で成長していることに応える形になる。
また、韓国支社を通して、周辺国へのKABAMタイトルへの売り込みも担うとのこと。

なお、KABAM社はIPOを検討しており、一部では$700Mの評価がされている。

2013年の売上高は$360Mにもなることが公表されており、
代表タイトルは「Kingdom of Camelot」や「The hobbit」。
いずれのタイトルもiOSの売上ランキングで上位10位に入っている。
また、1ヶ月の売上が$1M以上のタイトルを11タイトル保有しているとされる。
売上サイドで好調な数字が踊る中、利益に関する指標は公表されていない。
2013年6月には一度レイオフをしている点が気になるが、
この点についてKABAMのコメントは、モバイルゲームにシフトしていくためであり、
人員は(6月現在で)700名規模だが、2013年末には900名規模となる計画であるとのことだった。

 

(Gamesindustry.biz 1, 2, 3, 4)