音系オンリーイベント「M3」に参加してみました

投稿日:04/27/2014 更新日:

音系オンリーイベント「M3」(エムスリー)に行ってきました。

初めての参加でしたが、ある程度雰囲気感がつかめたので、次回に備えメモしておきます。

前売カタログの購入は目当ての頒布品で判断

「M3」は他の即売会イベント同様、カタログが入場券の代わりになっています。そのため、カタログが入手できていないと現場に行っても入場できないという状況になります。

確実に入場するには、前売りカタログをアニメイトやタワーレコードで購入しておくことがベストです。

ただ、14:00頃になると会場の状況を見て運営さんがカタログなしで入場可能な「フリー入場」を宣言する場合があり、この時間帯まで待てるのであれば、カタログは不要ということになります。

会場の東京流通センター

 

今回、私が購入した音源は14:00直前で売切れたようなので、12:30にカタログを当日購入して入場したのは正解でした。

また、ニコニコ超会議と日程が重なっていたことも関係しているのか、そこまで混雑しておらず、今回に限って全体としてゆるい進行具合だったのではないかという印象です。

もしかすると、次回はより早い時間帯で完売が続出するかもしれません。

いずれにせよ、頒布数が少なかったり、大勢のファンが集うようなサークルさんの作品に関しては、前売り+開場前に並んで待機が必要かと思います。

ちなみに、今回購入したのは源屋さんの新譜と、さくらレコードさんの「木曜日締切コンピレーション」です。

「木曜日締切コンピレーション」に関しては、CD版が完売のため、USBメモリで頒布を行っていました。Silicon Power製の8GBのUSBメモリで「そんなに容量いらなくない?」と思っていたのですが、中身を見てみるとディスク8枚相当、全121曲がwave形式で保存されている想像をはるかに超えたモノでした。本日はこのUSBが購入できただけでだいぶ満足です。

14:30過ぎ頃からフリー入場、15:00頃から値下げ開始

私は14:30頃で離脱したのですが、どうもTwitterを眺めていると、15:00頃から在庫の余っているサークルさんについては値下げをして売り切り合戦が始まるようです。14:00を過ぎても会場へ向かう人は多かったので、フリー入場や値下げを狙っている人は多いのでしょう。

参考:『クロノ・トリガー』で有名な光田氏も14:00頃の会場入り (単純にご多忙なことが理由な気はしますが・・・^^;)

アウトレット価格の企業ブース

これは今回に限ったことかもしれませんが、DJ機材のVestaxや音響機材一般のKORGが物販を行っていました。

アウトレット価格で販売されている機材があり、垂涎ものでした。

例えば、KORGのフロアに置くギターチューナー。これは私が高校生のころは1万円したのですが、今はAmazonで5,000円なんですね・・・・ まあ、これが、会場では4,000円で売っていました!

BOSSのチューナーが健在なので、それがなければ迷わず買っていました。

あとは、VestaxブースではSpin2が24,800円くらいでした。Amazonだと3万円。

さらに、一番驚いたのが、DJコントローラーのVCI-400が、約48,000円で販売されていたこと。Amazonだと7万円を越えています。
衝動買いしそうでしたが、私としてはCDが挿入できるパイオニアのコントローラーが欲しいことを思い出し、何とか理性を保って購入は見送りました。。。。
ただ、来年また同じ趣味が続いていれば、買ってしまうかもしれません。

その他

Cryptonが無料おみくじキャンペーンをやっていました。運よく当選すると、無料でサンプリングCDやEZdrummerというドラムの打ち込みソフト、Tシャツなどが当たりました。私は外れて残念賞のステッカーをもらいました。(ノД`)シクシク。

総括

音系オンリーイベント「M3」は、お目当ての出展サークルの頒布や、他の出展サークルの頒布を見て回るのはもちろんのこと、企業ブースにもかなりお得な物販やキャンペーンがあるので、音楽好きは行って損はないイベントだと思いました。

全体的に、コミックマーケットよりは人が少ないので、よほど逃したくない頒布品がない限りは、多少遅めに行って、当日カタログを買っても問題ないのではないかと思います。まったり楽しめる良いイベントでした!

スポンサードリンク

Copyright© ガンサバイバーのデジタル日誌 , 2018 All Rights Reserved.