「Deemo」のエンディングクレジットから見るRayark Inc.の内部

投稿日:03/29/2014 更新日:

そういえば、飛行機の中でDeemoをクリアしていました。

Deemoとは

Deemoは音ゲーです。

音ゲーにストーリーがついています。そのため、エンディングがあります。

そもそも、オープニングのノリを簡単に説明すると、

  1. 主人公である女の子が謎の穴に落ちた。
  2. とある謎のピアニストDeemoが穴の中にいた。
  3. 女の子はDeemoと一緒に音楽を奏でた(主にピアノ)。
  4. すると音楽が謎の木を成長させた。
  5. 木を成長させれば、落ちた穴まで伸びて脱出できるんじゃね?!
  6. 女の子は穴から脱出するべく、Deemoと一緒にがんばって音楽を奏でて、木を成長させる。

というゲームです。

Deemoのエンディング

早速ですが、エンディングクレジットがこちら。

このクレジットが重要なのは、開発スタジオのRayarkの内部について知ることができるから。

そもそも、Rayarkとうスタジオは、Cytusという超良ゲーが世に出てから、絶対に有力なパブリッシャーから声がかかっていると思うのだけれど、引き続き単独でDeemoをリリース。また、公式HPによれば、もう一本アクションゲームを開発中。相当な開発力と資金があるように見える。そうなると、内部が気になってしょうがない。

クレジットを見る前は、「台湾のスタジオだけれど、例えば元NCsoftやAcitivisionやEAの人が入っているんじゃないの?(よくあるパターン)」と思っていた。

けれど、クレジットをみたら、純粋の台湾のメンバーだけのスタジオに見えるので、すごいと思った。日本の大手でもここまでのものを開発することはなかなかできないと思う。(対抗できるのはKONAMIのビーマニチームくらい?)

それにしても、どこから開発資金を得ているのだろう。

やったことがないけれど、Mandoraというタイトルが400万DLの大ヒットらしいので、このアプリ内課金が儲かっているのかもしれない。

マンドラー【Mandora】
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料また、CytusがPS Mobileから出ているので、Sonyから支援が出ている可能性もある。

どれも憶測の域をでないけれど、そうかもしれないと思わせるゲームをつくれるのは本当にすごいと思う。尊敬。

余談① Deemoの簡単なクリアの仕方

フルコンボできる曲をひたすらプレイ!難易度EasyでもOK。フルコンボが出れば一回で木が0.400mくらい伸びます。フルコンボ約50回で、クリア基準値の20.000mに到達します。

余談② 個人的なお気に入り楽曲

さて、そんなDeemoですが、お気に入りの楽曲はSAIKAです。Cytusにも入っていますが、アレンジが別です。

ノーマルはフルコンボできたんですが、ハードはLv6なのに、中盤の連打でミスるのでフルコンボできていません。録画を見て譜面が分かったので、もう少しでフルコンボできると思う・・・・

SAIKA ノーマルフルコンボ

SAIKA ハード ヘタれプレイ

 

さて、次はなにをプレイしようかな・・・。(South Parkいつやろう・・・)

 

Deemo
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: ¥200

 

 

スポンサードリンク

Copyright© ガンサバイバーのデジタル日誌 , 2018 All Rights Reserved.