ゲームとギャンブルの違い

投稿日:02/17/2014 更新日:

けっこうこのトピックは大事だと思うのですよ。ゲームとギャンブルの違い。

ここ数年、ソーシャルゲームが流行したことで「ガチャ」が一般的になり、
その仕組みが射幸心をあおるという指摘がすごくありました。
この力を利用して、任天堂に勝てると豪語した会社さんもありました。

その裏ではカジノ法案というのも国会に提案されそうな感じだったりして、
コナミとかセガとかが虎視眈々とその行方を見守っているといわれたりいわれなかったり。

ゲームと名のつくものが射幸心を煽ったり、
これまでゲームを提供してきてくれていた会社がギャンブルに参入しそうだったりと、
ゲームとギャンブルの境界がだいぶblur(車ゲームじゃないよ!あやふや!)になってきました。

でも、ゲームとギャンブルは違うというのを、今朝確信したのですよ。
FXで数百万損した感覚から、いわゆるゲームとギャンブルは全く違うことを、
寒い部屋でヒートテックタイツを履きながら気づいたのです。

その違いとは・・・!

向上心

向上心のもたらす結果が違う。

ゲームの場合、向上心は全てプラスの結果をもたらす。
もっと強くなろう、もっと物語を進めよう、ゲームをクリアしよう。
これは、プレイヤーに損失を与えません。損失があるとしたら、時間だけ。
例えば、ちょっと背伸びしてチャレンジングなボスに挑戦して、負けても身ぐるみは全てははがれないのです。
せいぜい、持ち金の半分を奪われて、最寄りの境界に飛ばされるくらいです。
リアルでの影響は、時間を消費しただけです。

一方、ギャンブルは向上心があると、プラスだけでなくマイナスももたらします。
もっと儲かろう、もっと金持ちになろう、金持ちになってこのカジノを出よう。
すると、いつの間にか有り金がなくなり、損切できずにパンツまで持ってかれる。(え?)
お金と時間を浪費されたことになります。

実はこの向上心の方向性にこそ、ゲームが教育にも有効活用できるといわれる
所以があるのではないか、と思うのです。

おしまい。

 

(参考)真面目なマリカー「blur」

スポンサードリンク

Copyright© ガンサバイバーのデジタル日誌 , 2018 All Rights Reserved.