新宿にある行列のできるシュークリーム屋さん「ザクザク」

投稿日:10/20/2014 更新日:

新宿駅東口改札を出てすぐ、ルミネエスト地下1階にあるシュークリーム屋さんに行ってみました。

夜でも帰宅途中のサラリーマンなどがお土産、自分用に買うのか、いつも10~15人の行列ができているみたいで、前々から気になっていました。

もともとは北海道に拠点があって、新宿店が本州初上陸なのだそうですが、そんなことより、並ぶ価値があるのかレビューしてみたいと思います。

なぜ並ぶのか

店内でシュー生地の焼き上げ、クリームの製造、焼きあがった生地にクリームを詰める作業をしているから、という理由が購入前の予想でした。ただ、それだと製造フローやレジのオペレーションに改善可能な点があって、行列が「できてしまっている」ような感じなので、並んでいる最中はちょっとイライラしてしいました。20分くらい並んで、ようやく買えたあと、30分程度のお持ち帰り時間で食べてみたのですが、食べてみてまっとうな理由があることに気づきました。

大量に用意された生地

クリームを手でいれていきます

クリームをいれた完成品を袋に入れます

お会計はiPadが2台。これはレジ業界の観点から見ると面白い。(販売にレジスター不要な時代になってきた!?)

生地がナッツを含んだパリパリカリカリの仕上がりなのですが、中にクリームを注入すると、クリームのしっとり感で次第に生地もしっとりしてきます。そのため、お客さんの並び具合、購入数を見ながら、「クリーム注ぎたて」を渡さないと、特徴であるパリパリカリカリ感が失われてしまうのです。従って、レジ横に並ぶ袋詰めされたクロッカンは、お客さんの購入数より多くて3~5本程度に抑えています。ベストはお客さんの購入数ピッタリが並んでいることなのでしょう。

「もっともおいしく食べられる時間を極力長くするため」、クリーム注入、袋詰め、レジの時間を調整しているので、行列ができているんだなあと食べた後、納得しました。

作られて30-45分後に食べましたが、既に記事の底面にはしっとり感がありました。おそらく、一番おいしく食べるタイミングは、買ったその瞬間食べることでしょう。前に並んでいた何名かもそれを知ってか、その場でほおばり始めていました。ただ、駅改札の近くで、人通りも多いので、なるべく東口を出たところにある広場とかで落ち着いて食べた方が良いでしょう。

肝心の食べごたえ

生地表面はナッツとシュガー、中にはクリームがしっかり入っていて、生地の甘さ×クリームの甘さのダブル攻撃です。ただ、しつこい甘さではなく、生地もクリームをお互いを立てるような、別々の甘さになっているので、口の中で広がった後はしっかりのどに消えていく、はかない甘さになっています。飲み込むと消えてしまうので、どんどん頬張りたくなります。

また、食感もナッツと焼いたシュガーのカリカリ感、クリームのふんわり感がしっかり別々に楽しめるようになっています。具体的には、歯はカリカリ、舌はふんわり、という感じです。そのそれぞれの食感に対して、ナッツの甘さ、シュガーの甘さ、クリームの甘さが複合的に働きかけてくれるような感じで、口の中にクロッカンがある間は結構しあわせです!

まとめ

そんなこんなで、ゲームのブログなのに食レポをやってしまいました・・・

いや、最近「バトルフィールド4」を始めて、けっこう頭を使うので、糖分が足りていない感じだったのですよ。

そんな糖分不足なんか一発で解消してくれる、ルミネエスト新宿B1にあるクロッカンシュー「ザクザク」は、ブレインワークの多いゲーマー諸君にはお勧めです。

スポンサードリンク

Copyright© ガンサバイバーのデジタル日誌 , 2018 All Rights Reserved.