「ガンサバイバーのデジタル日誌」の由来

投稿日:

こんにちわ、「ガンサバイバーのデジタル日誌」の著者・管理者のユリイカです。

わざわざこのブログに飛んできて、かつ記事を読んでいただいた方、ありがとうございます。

大した情報もなく、気が向いた日に適当に日々の記録をつけているだけの本ブログですが、何かのお役に立てれば幸いです。

さて、最近は書きたくても書けないことや、書けるんだけど時間がなくて書けないことが多くなってきたので、

書けないものはオブラートに包みながら、書けるものは時間の許すまで「このブログ」の開設の背景と更新方針を書いていこうかなと思います。

このブログを始めたきっかけ

このブログを開設する前に、もともとアフィリエイトブログ主体の別のブログサイトを運用していました。2014年頃から運営していて月次3,000PVとサーバー費用を賄えるくらいの安定収益はありました。ところが、軌道に乗ってきたと同時に、記事が当時の2chや各種掲示板でリンクされるようにもなり、ところどころで不本意な影響も及ぼすようになってきました。インターネットで知らず知らずのうちに影響力を持つようになってきて、うしろめたさが徐々に強くなってきたころ、ある記事の投稿をきっかけに炎上。年間のPV数を一気にたたき出すくらいのビューがサイトに集まりました。炎上の原因については真摯に対応させていただき、謝罪をして当事者とは和解に至ったものの、無関係のインターネットの声が収まらず、閉鎖がインターネットの声だったので、その通り閉鎖に踏み切りました。

なお、もともとブログを始めた理由はこの記事に記録しています。(ちなみに一番広告収入のある記事でした)

閉鎖から復活、しかし

閉鎖をしてから半年後に、コンテンツだけ引き継いで別ドメインでブログを開設したのですが、当時のPV数を集めることはできず、運用を断念。作業としては移転とほぼ同じ行為ですが、リンクによって流入があったことを再認識しました。また、何回か事業でもサイト移転はしたことありましたが、ドメイン変更だけはしてはいけないと強く認識。勉強になりました。
(もちろん301リダイレクトなどは対応していました)

さらにAmazonアソシエイト停止

移転後のブログを細々と続けている中で、なぜか突然当時のAmazonアソシエイトアカウントが違反連絡があり、身に覚えがないので抗議したもののアカウント停止に。その後も再申請をするも昨今さらに厳しくなる審査基準もあいまってなかなか審査が通らない。これを機に、アフィリエイトによる副業路線でのブログ運用は無理だと判断。完全にブログ更新を停止しました。2017年頃だったと思います。ちょうどGDPRが採択されてアドセンスの広告収入も右肩下がりだったのでこの時は収支的にも赤字になるのでサーバーごと落としました。

そして、このブログ開設に至る

そして、月日が流れ1年くらいたった2018年、再びブログ開設に至ります。再開の理由は、「デジタルマーケティングをするにあたって個人でブログを持っていないと何も実験できない」というものです。なので、アフィリエイトやアドセンスの広告収入はあまり気にせず、デジタルマーケティングをするにあたっていろいろな実験をするためにブログを再開しました。

例えば、日本にいると無縁と思いきや、外資で働くなら対応しなければならないGDPR対応の実装。Wordpressだとプラグインを入れれば大丈夫と思いきや、厳密にはサイト訪問時点でCookieの取得をしてはいけないので、割とゴリゴリ開発しないと真のGDPR対応ができない。また、事業的にはOpt-inの取り直しというCRM観点では超絶絶望的な状況にビジネスがあるということも学べました。

また、2014年にサイト流入を増やすときに手っ取り早かったブラックハットの手法も今では全て効果なし。むしろ明確に逆効果。インターネットがよりまっとうで真摯な世界になっていることを実感しました。

つまるところ、このブログは上記のような最新のデジタル事情にキャッチアップを続けるために開設しました。

タグマネージャーとかも使いたいのですが、もっと流入が広範にならないと検証がしにくいのでその点ではもっと流入増えるといいなと思っていますが、広告収入はほぼアドセンス一本化。たまに気が向いたら気に入った機材のアフィリエイト付き紹介をしようと思いますが、めったに収入の入るものでもないし、「本当に仕事に役立つもの」は個人的なビジネスの優位性につながるのでめったに書かないと思います。(そう考えると、やっぱりアフィリエイトで商品紹介している記事は本当に進めたいものであることはほとんどないだろうなあと、改めて実感)

というわけで、「デジタル日誌」はデジタルマーケに追いつくための日誌という意味で「デジタル日誌」という名を付けています。

人生の転機

上記は仕事をする上で必要なので、というブログ再開理由でしたが、プライベートでも日誌を残しておいた方がよいと思うようになる出来事がありました。それが本ブログのタイトルの前半部「ガンサバイバー」にかかる部分。

この記事に当時の流れを残していますが、ポリープ切除といいながら初期ガンの切除をしました。手術をした当時はガンと認識できておらず、記事の通り本当に「ニキビつぶす程度」の手術だと思っていました。手術後に死にそうになる大変な経験をし、退院後に改めて病理検査の結果を受け取ると、WHOの基準に則って判定される「初期ガン」であったことが分かりました。(手術前は「カルチノイド」と診察されていて、切除したものを病理検定に回していました。)

「ガンサバイバー」というには、当時は事の重大さを理解していなかったわけですが、実際にガンを発症していて奇跡的に早期発見し、死にそうにはなりましたが無事早期治療もでき、生き残ることができたことは事実なので、「ガンサバイバー」を名乗ることにしました。

簡単に書きましたが本人としては人生観を変えるに十分な体験でもあり、これを機に仕事を「収入重視」から「やりたいことを追求する」仕事に転職しています。人生観で大きく変わったのは「明日死ぬかもしれない」という考え方が常にあること。長期投資や老後を検討する意味が自分にとってあまり意味がなくなりました。いつ死ぬかわからないので、生きているうちに自分が実現したいことを実現しておきたいと思いました。また、そのやりたかったことをきちんと記録に残しておきたいとも思いました。

更新方針

したがって、「ガンサバイバーのデジタル日誌」では、自分のやりたいことができたときに記憶に残すことと、前日のデジタルマーケティングの実験場としての2つの目的で、運用をしていくことにしました。

閉鎖になるとしたら、資金が続かなくなるか、炎上してしまうかのどちらかくらいかと思いますが、もう炎上はしたくないな・・・というか、炎上するような攻めたPV狙いや後ろめたい背景がある内容はもう書かないです。資金は申し訳程度に掲載しているアドセンスが頑張ってくれると信じていますが、いつまでGoogleが儲かっているかもわからないので、そこは実験含めて収支トントンなら御の字です。さすがに趣味の範囲でサーバー維持費が出せない状況はなかなか来ないと思います。

というわけで、完全に自己中心的な更新になっていきますが、ここまで読んでくださって読者の方、引き続きよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

Copyright© ガンサバイバーのデジタル日誌 , 2018 All Rights Reserved.