健康保険料と厚生年金保険料の節約術 : 4月、5月、6月の残業は少なめに

投稿日:05/25/2014 更新日:

4月という異動シーズン、ゴールデンウィーク明けの5月病シーズンも過ぎ、給与明細を冷静にみられるようになってくる5月末頃。

よく給与明細を見ると、健康保険料と厚生年金保険料がデタラメに高いことに気づく。

どうしてこんなに保険料が高いの?と調べてみたところ、健康保険料と厚生年金保険料(以下、保険料)の支払額の仕組みと、その節約方法が分かってきました。

保険料の支払額の決まり方

保険料は、原則、4月、5月、6月の給与の平均額によって、その年の9月~翌年8月までの支払額が決定されます。

その支払額の決定テーブルは都道府県によって異なり、次のようなサイトで確認することができます。

でも、サイト設計がひどくて、どこを見ればよいかすごく分かりにくい。検索して次のような表を探した方が分かりやすいです。

多くの場合、自分の4月、5月、6月の給与の平均額を、この表の「標準報酬」につき合わせれば、支払っている健康保険料と厚生年金保険料の額面に近い数字が出てくると思います。

 

節約術

この健康保険料と厚生年金保険料を意図的に削減するのは極めて簡単です。保険料が4月、5月、6月の給与の平均額を基準としているため、単純に4月、5月、6月の給与が低くなるように働けばいい。

例えば、4月、5月、6月は残業を減らすとか、有給消化するとか。普段残業が多い人だと、がんばって残業を減らすだけで2万円ほど月々の保険料が減らせるようになったりします。

4月、5月、6月の給与は低くなりますが、月々2万円ほど保険料が安くなるのであれば、これは年間24万円に相当します。

3ヶ月の残業代だけで24万円=8万円/月以上働いちゃう方だとあまり意味がないかもしれませんが、もし7月以降に持ち越せる業務があるなら、それは7月に持ち越した方が得なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

Copyright© ガンサバイバーのデジタル日誌 , 2018 All Rights Reserved.